topへ戻る

シミの原因を作らない正しい紫外線対策

紫外線対策

 

日焼け止めはなんとなく塗ってます。
帽子や日傘も使って紫外線対策しているのに、日に焼けるしシミになっちゃった!どうして?と嘆く前に、正しい紫外線対策を知っておきませんか?

 

紫外線の脅威


ひと昔前は太陽の光は「健康的」と評され、こんがり日焼けした肌は良いとされた時代がありました。
ところが今は健康に影響を及ぼすことがあると言われています。
そのなかでもシミの原因となる「紫外線」について学んでみましょう。

 

「紫外線」は太陽光の一種で肉眼では見ることはできません。
「紫外線」は3種類あり、それぞれ「波長」が異なります。お肌の内部のどの部分まで届くかでどんなトラブルに繋がるのかが異なります。

 

紫外線A(UV-A)

天候や気候に左右されず年中ふりそそいでいて、一番波長が長いため曇りや雨の日にも地上に降り注ぎます。
皮膚内部まで到達し、しわやたるみの原因となります。また活性酸素も過剰に働き、体内にも影響を及ぼす原因になります。
5〜6月頃は特に強くなります。

 

紫外線B(UV-B)

太陽光の約10%を占めています。
この紫外線は少ないからと言って安心できるようなものではなく、赤くなる日焼け、シミやそばかすの原因となりやすい波長になります。
UV-A波に比べて波長は短いですが、皮膚ガンや白内障などの原因ともなり健康面にも影響を及ぼします。8月頃もっとも強くなります。

 

紫外線C(UV-C)

もっとも波長が短く、オゾン層に吸収され地上に届くことはありません。
殺菌灯として医療で使用されています。

 

シミと紫外線の関係性

皮膚は「表皮・真皮・皮下組織」の3層に分類され、常に生まれ変わりを行い、皮膚内部を正常な状態に保っています。
紫外線を浴びると表皮に存在する「ケラチノサイト」を刺激し「メラノサイト」にシグナルが伝えられます。
「メラニン」となる元の「チロシン」がどんどん進化し「メラニン」となり皮膚表面の「ケラチノサイト」に蓄積していきます。
お肌を守るには必要な仕組みですが過剰に生成され蓄積するとシミとなって皮膚表面に現れてきます。

 

紫外線対策

予防

身につけるものでの対策は

 

・帽子
・アームカバー
・サングラス
・日傘
・ラッシュガード
・UV加工繊維を使用した衣類

 

などなど思いつくだけでもたくさんありますが、これらUVカット機能には「期限」があります。
日傘は2〜3年、UV加工繊維を使用した衣類などは洗濯の影響などで1年しかもたないと言われています。
これら紫外線対策をする時には長年使用した古びた物は新調し、対策として使用します。
また「白などの薄い色」は紫外線を通しやすいので「黒」などの色を選びましょう。
太陽の光を吸収しやすく暑いと思われがちですが、もっとも紫外線を通しにくいと言われています。

 

日焼け止め対策

上記にある身につける対策を行う時にも、室内で過ごす時にも日焼け止めを塗って対策を行いましょう。
日焼け止めには「SPF」「PA」と記載があります。それぞれの意味を理解して対策を行う必要があります。

 

■SPF
この記載は【紫外線B】を対策する表示です。
一度紫外線を浴びると肌はおおよそ20分から日焼けし始めると言われ(個人差があります)、このSPFの数字は数字倍日焼け時間を遅らせるという意味があります。
100%紫外線を防ぐという意味ではなく、日焼けする時間を遅らせるという意味で表示されています。

 

《例》
SPF30の日焼け止めを塗りました。
Aさん 15分で日焼けをします。 30倍×15分=450分(7.5時間)延長できる。

 

■PA+++
この記載は【紫外線A】を対策する表示です。+の表示は1〜4まであり+の数が多いほど効果が高い事を表します。
【紫外線A】対策なので、シミやそばかす、お肌の色を気にされている方はレジャー以外の日常でもSPF数値が低く、肌に優しいタイプの日焼け止めの、PAの高い物を選び1日に数回塗り直しをしましょう。

 

■紫外線吸収剤
日焼け止めには紫外線吸収剤が使用されていることが多いです。
これは皮膚の表面で紫外線を吸収し、科学的にエネルギーに変えて放出します。
SPF値の高い製品には必ず必要な成分です。
紫外線を防ぐ力が強く、塗り心地がいいというメリットがあるのですが、人によっては刺激が強く、肌への負担もかかりやすいです。
また、こまめに塗り直す必要があります。
一方紫外線反射剤(錯乱剤)は白くなりやすくべたべたしやすいので、使用感が気になることもあるのですが、お肌には優しい成分でできていることが多いので、日常用に使用するのに適していると言えるでしょう。
使用用途に合わせて使用する成分を使い分けて紫外線対策をしましょう。

 

紫外線を浴びてしまったら

勝負は48時間と言われています。
チロシンがメラニンに進化してしまう前に専門科に相談、またはアルブチンやビタミンC誘導体などメラニン生成を抑えるシートマスクなどで3日ケアを行い、3日以降は肌の生まれ変わりを促すピーリングなどを行い、皮膚のメラニンの排出を促します。
赤くなるような日焼けをしてしまった場合はとにかく炎症を止めるため冷やし、とにかく保湿しましょう。
美白成分の入った保湿ケア剤を使用してスキンケアを行いましょう。

 

ここまで、シミの原因となる紫外線や、その対策についていろいろと紹介してきました。これらは新しいシミを作らないためにとても重要なことですが、既にできてしまったシミを消すには、また別の対処法が必要です。

 

日々の生活やスキンケアを見直すことで、長期的には改善も見込めますが、気になるシミは早く何とかしたいものですよね。

 

そんな方には、ロスミンローヤルがおすすめです。
実際、私自身も使ってみて効果が実感できたので、気になる方は参考までに見てみてください^^